名物営業マンの「元気と笑顔が出る!」ブログ

カタシモワイナリーの名物営業マン山本が、毎日みなさんに元気と笑顔をお届けします。

2013年02月

カタシモワイナリーホームページ→http://www.kashiwara-wine.com/

春になってくると活発に動きだします

営業部の ジャンジャン 山本です。



毎年そうですが、春過ぎからバタバタして来ます。


今年も余すことなくそうなりそうな勢い。

4月以降の予定がどんどん埋まっていきます。


色んなところからお呼びが掛かる事は本当にありがたい事です。


感謝感謝。


こうして呼んで頂くからには、その場で最高のパフォーマンスをするべきだと考えています。


カタシモワイナリーが来てくれたら盛り上がると思ってもらえる様にしていきたい。


そうする事でお客さんにも主催者にも、そして販売者にもお役に立てるからです。


大阪にあるワイナリーの存在意義。


都会でブドウ栽培からワインの加工までしている歴史あるワイナリーの存在意義。


そんな企業の一員として出来る限りの事をして、周りを元気と笑顔にしていきたいものです。


春以降のイベントや販売場所も随時ホームページでアップしていきます。


また、イベント内容などもこのブログでアップしていきます。


元気と笑顔を色んなところで発信していきますので、よろしくお願いします。


さぁ今日も一日張り切っていきましょう!



営業部山本でした。

素晴らしい歴史と素晴らしい技術で

営業部の山本です。



昨日、大変残念なニュースが飛び込んできました。


大阪の老舗の酒蔵さんが中身を偽って販売していた事が発覚したとのこと。


この酒蔵さんの社長や杜氏さんをよく知っているだけにショックでした。


300年の歴史のある、この酒蔵さん。


ちょっと魔が刺してしまった事により、何代にも渡り、続けてきた酒蔵の歴史に泥を塗る事に。



信頼、信用を築き上げるのは、とても時間が掛かります。


逆に信頼、信用を失うのは一瞬です。


応援してくれているお客さん、お取引先、関わりを持つ全ての人達は、寂しい想いをしていると思います。



してしまった事は決して許される事ではありませんが、素晴らしい歴史と素晴らしい技術をお持ちのこの酒蔵さん。


元々、周りの人達を笑顔にするパワーをめちゃめちゃ兼ね備えています。


今回の件を期に、今まで以上に周りに喜んでもらえるお酒を造り、寂しい想いをさせた方々をより一層笑顔にさせてくれる事を切に願います。



営業部の山本でした。

八尾の強力な応援団

営業部の 地元パワー 山本です。



カタシモワイナリーのある柏原市。


そのお隣にある八尾市。


飲食店さんを中心に80会という団体を作り八尾市を盛り上げている。


その80会のメンバーにお取引先のかちがらすさんやえんやさんがいます。



3年前、かちがらすさんやえんやさんに植樹をして頂いた畑があります。


その畑を80会で今後育てていき、80会ワインを造る事になりました。


昨日はその畑の剪定作業に20名の人達が参加。


そのほとんどが飲食店さんです。



ワイナリー見学をして、畑をご案内、そして畑で作業。



カタシモの畑の中でも特に急斜面の畑で、畑に着いた頃には皆さんぜいぜい言っていました(笑)


しかし作業に入ってからは真剣にぶどうの樹と向き合い、枝を切っていきます。
image



image



image



その後、ワイナリーに戻り試飲会。


みんなで、どんなワインを作ろうか色々話し合い。


80会の中でも、カタシモのワインをお取り扱いないお店もあるのですが、試飲をしながら、カタシモのワインで自分のお店に合うワインを見つけて、お取り扱いして頂く事になったお店も何件もありました。


かちがらすさん、えんやさんのご縁で80会の方々とのご縁が繋がり、畑をしてもらう運びとなり、それとは別にお取り扱い頂けるご縁を頂きました。



最近特に思うのですが、営業の仕事は、点ではなく、線や面で広がりを見せるものなんですね。


80会の皆さんありがとうございました。



良いぶどうを作り美味しいワインを作って、お客さん達に笑顔を作りましょう。



多くの人達が大阪のぶどう、大阪のワインを応援してくれています。


このご縁を大切にして、応援団長として、どんどんご縁という名のご円を大きくしていきます。



さぁ今日も一日張り切っていきましょう!



営業部山本でした。

クタクタなのは何のせいでもないんです

営業部の なんだかんだで 山本です。



昨日は東京の疲れが溜まりに溜まっていた一日でした。



東京から帰って来てから、ゆっくりお風呂に入り、十分に寝たつもりだったのですが、疲れがとれてない事に気が付きました。



芸人時代、東京⇄大阪を行き来していた頃、結構無理が出来ていた経験があった為、今回、少々タイトなスケジュールでも大丈夫だと思っていたのが間違いでした。



10年の歳月は、意外と体力に変化をもたらしていました。



昨日は一日お休みでした。



子供達と一緒にお出かけをしたのですが、ビックリするくらいに疲れが溜まっていて、身体が始終重かったです。



これを人は「年」と言うのでしょう。



「若い頃とは違う」なんても言うのでしょう。



確かにその節は十分あります。



しかし、ひとつ思った事があります。



「年のせい」だと認めてしまったら、それ以上のパワーは、今後出ないのではないでしょうか。



「年だからこれ以上出来ない」



これを言ってはいけない気がしました。



「年のせい」

「人のせい」

「環境のせい」



何かのせいにするのでなく、自分自身と向き合い、自分自身と付き合う事が大切なんだと思います。


年をとり、体力も環境も色んな事が変わっていきます。


その事実と向き合い、どうその変化と付き合っていくか。


年をとってもパワフルな人はいくらでもいます。


きっとそんな人達は、自分自身の変化と上手く付き合っている人達なんでしょう。


僕も年を重ねる事に、上手く自分をコントロール出来る様に、自分自身と向き合っていきたいものです。



さぁ今日も一日、今の自分と向き合いながら、張り切っていきましょう!



営業部山本でした。

東京遠征

営業部の ガッチガチの 山本です。




金曜土曜の東京遠征。



東京のお取引先さんを訪問させて頂きました。



東京でお取り扱い頂いているお店は、日本ワインに力を入れているお店ばかり。



日本のワイナリー事情や日本ワインに対するお客さんの反応など、色々勉強することが出来ました。


日本ワインの品質、実力はここ数年で全体的に飛躍的に向上しています。


一昔前まではお客さんも日本のワインは日本のワイン。世界のワインは世界のワインと壁を作っていたのですが、最近は、その壁がほとんどないそうです。


フランスやイタリアワインと同等に日本ワインも手にされる様になっています。



日本のワインも美味しいという認知が浸透してきたんですね。



また、飲食店も日本ワイン専門店がここ最近急増している事かも、日本ワインの伸びしろは、まだまだあるのだとわかります。



お店の方々も全国を飛び回り、ワイナリーを巡って、お客さんにオススメ出来るものを自分の舌で確かめ、対面販売している人達ばかり。



どのお店の方もパワフルな方ばかりでした。


今回訪問させて頂いたお店。



府中の柏屋さん。
image




台東区のワインスタイルズさん。
image




中野区の藤小西さん。
image




港区にあるカーブドリラックスさん。
image


その他、いくつかの百貨店さんを回りました。



魅力的なお店ばかりで、全国から見たカタシモのワインの実力に太鼓判を押して頂きました。

どのお店でも、試飲して頂いたカタシモ河内の白と赤、堅下甲州2012も、美味しい!と即ご注文頂きました!


本当にありがとうございました。


試飲ボトルを3本持って歩いていたので肩がガッチガチですが(笑)


各お店の魅力については、また改めて時間をかけて紹介します。



今回の遠征で、ますますカタシモのワインに自信がつきました。


遠方で取り扱い頂いている事はありがたいですが、やはり、もっともっと地元に愛されたいと感じました。


より一層、大阪中に広めて行きたいです。



さぁ今日も一日張り切っていきましょう!



営業部山本でした。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ