名物営業マンの「元気と笑顔が出る!」ブログ

カタシモワイナリーの名物営業マン山本が、毎日みなさんに元気と笑顔をお届けします。

2015年08月

カタシモワイナリーホームページ→http://www.kashiwara-wine.com/

vol.855 息子の夏休みの工作

おはようございます♫

営業部の 遺伝子 山本です。

今日、小2の息子は始業式です。 

長かった夏休みも終わり、世間のお母さんたちはホッとされていることでしょう。

息子は、今年の夏休みの工作で、牛乳パックや卵のパック、トイレットペーパーの芯などを使って スーパーマリオの世界 を作りました♫

キャラクターは粘土で作りました。



箱のまわりには、コツコツ描いた絵を貼り付けて華やかな印象になっています♫

自分で色々工夫して、ゼロから作りあげた達成感を感じている事でしょう。

8月に入ってから作り始めたのですが、完成したのは昨日です。

色んな誘惑に負け続けて、完成がギリギリになったのは父親の遺伝子のせいだと思います(笑)

計画通りに進んでいたら、キャラクターも10倍くらいの数は作れたのではないかという事は口にしないでおきます(笑)

子供にとっては特別な、夏休み という期間。

色んな楽しい事があったと思います。

誘惑のひとつやふたつ、仕方ないですね。

さぁ、今日も、一日張り切っていきましょう! 

営業部の山本でした。

vol.854 自称 名物営業マン

おはようございます♫

営業部の あえて 山本です。

カタシモワイナリーでお仕事をさせて頂くようになって、ようやく丸5年が経ちました。

もう5年。と、いうよりも、まだ5年しか経ってないのか。と、いう気持ちの方が強いです。

たくさんの方々とのご縁を頂け、また、様々な経験をさせて頂いて、大変充実した5年間でした。

このブログを始めた時に、そうなりたい!という思いから、題名にはあえて「名物営業マン」という言葉を入れました。

最近、取り引き先様から僕を紹介いただく際に、「カタシモの名物営業マン」と紹介してくださるようになりました。

とても嬉しいです。

名物営業マン  なんて、自分でいうことではないですよね(笑)

人が決める事なんです(笑)

しかし、こうなりたい!と思い、そうなれるように努力しながらあえて自分で言い続けることは間違いではないのかもしれません。

6年目の今年は、「挑戦」がテーマです。

もうひとつ挑戦したい事があります。

名物営業マンとなれるように、これからも走ります♫

さぁ、今日も、一日張り切っていきましょう! 

営業部の山本でした。

vol.853 社会が成り立っている軸

おはようございます♫

営業部の 基本の 山本です。

思いやりの心は人を助ける。

思いやりの心は人を勇気付ける。

思いやりの心は人を喜ばせる。


世知辛い世の中ですが、人の事を考えて気遣う心はとても大切です。

自分の事で手いっぱいになりがちですが、その中で人の気持ちを汲み取る事ができるのは凄い事です。

僕はどちらかというと、自分の事で手いっぱいのタイプです。

多くの方に助けてもらい、今があります。

これからは、少しずつでも、人の事を思いやり、人の役に立てるようになっていきたいと考えています。

人に思いやりのある行動をとると、その人も喜び、自分自身も心が豊かになります。


社会は、人の役に立つ事で成り立っているものです。

人の求める商品を作ったり、人の求めるサービスをしたり、人の求める情報を提供したり。

人の事を思いやってこそ仕事が存在します。

思いやりの心は、社会の大前提なのですね。

会社内においても、各々が分担している仕事を思いやりを持ってフォローし合う。

家庭においても、夫婦が思いやりを持ってお互いをフォローし合う。

良い社会とは、思いやることができる人達が集まっている社会。

良い会社とは、思いやることができる人達が集まっている会社。

良い夫婦とは、思いやることができる夫婦。

人に対する優しさがあれば、争いは起きないものです。

僕の妻は、凄く思いやりのある人です。
僕の思いやりが足りなくてイライラする事もありますが、最後は優しく包み込んでくれます。
おかげで家庭は笑顔に包まれています。

カタシモワイナリーも、思いやりのあるスタッフがたくさんいます。
歪みができても笑い飛ばしてくれます。

カタシモワイナリーの取引先にも、思いやりのある方々がたくさんいらっしゃいます。
毎日楽しく営業に回らせていただいています。

人に喜んでもらう。
人に楽しんでもらう。

人を思いやる心。

これが基本なのかもしれません。

さぁ、今日も、一日張り切っていきましょう! 

営業部の山本でした。

vol.852 カタシモワイン祭り2015ホームページ更新しました

おはようございます♫

営業部の 3ヶ月後の 山本です。

11月22日(日)開催の「カタシモワイン祭り2015」にご出店いただくお店さんや、当日開催するイベントの詳細について詰めております。

準備は着々と進んでいます。

9月から、前売りチケットの販売を開始いたします。

詳しくは、ワイン祭りの特設ホームページにてご案内しております。


今年のワイン祭りのイメージは「テーマパーク」です♫

ぶどう畑や古民家、ワイナリーの各会場毎にテーマを設けています。
テーマパークの地図を見ながらアトラクションを楽しむ様な感覚で、それぞれの会場で食事やワインをお楽しみいただきたいと考えています。

カタシモワイン祭り2015ホームページはこちら

大都会大阪市内から程近いところにある歴史あるぶどう畑や古い町並みに囲まれながら、素敵な時間をお過ごしください♫

準備をしながら今からワクワクしています♫

さぁ、今日も、一日張り切っていきましょう! 

営業部の山本でした。

vol.851 自分だけの教科書

おはようございます♫

営業部の 選択 山本です。

「あの時、こうしておけば良かった」とか「この選択をしていれば、今はどうなっていただろうか」と、思う時があります。

日頃の些細な言動だけでなく、人生の節目においてもです。

過去には戻れないですが、思い出して想像する事は出来ます。

「過去を振り返らず未来だけを見よう!」と、前向きで素敵な言葉がありますが、過去が今を作っているのは間違いない事実です。 

過去の選択が今の自分を造り、今の自分の選択が未来の自分を創ります。

過去は自分の教科書です。

自分の長所や短所、心から楽しかった事や辛かった事、好きだった事や嫌いだった事、成功や失敗、様々な事が書いてある教科書です。

だから、僕はいつも過去を振り返ります。

そして、過去の選択について想像します。

「こうすれば良かったな」と、一見、過去に後悔している様でも、それを思う事によって、次に似たような選択に迫られた時には、「今度はこっち!」と行けます。

また、人生の選択に「正しい」ものは一つもありません。
逆に「間違っている」選択もありません。

たとえ今、正しいとか間違いと感じていても、5年後には、正しいと思っていた事が間違いだったと感じたり、10年後に間違いだと思っていた事が正しかったと感じたりする事もあるでしょう。

正しいとか間違いなんて、死ぬまでわからない事です。

死後の世界があるならば、もっとわからない事です(笑)


本で読んだ、ある人が言っていた言葉。

選択に迫られた時は、正しい方ではなく、楽しい方を選ぶのだ。


過去という教科書を隅々まで読んで、今楽しい方を選択していくと、楽しい未来になるのかもしれません。

正しいではなく、楽しい方を選ぶ。

過去という教科書を元に、今日より一つでも楽しい明日になれる様にと、日々の選択をしていきたいと思います。

ただ、僕の過去という教科書には誤字脱字が多いですが(笑)


さぁ、今日も、一日張り切っていきましょう! 

営業部の山本でした。

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ