名物営業マンの「元気と笑顔が出る!」ブログ

カタシモワイナリーの名物営業マン山本が、毎日みなさんに元気と笑顔をお届けします。

2016年03月

カタシモワイナリーホームページ→http://www.kashiwara-wine.com/

vol.940 プチサプライズ

おはようございます♫

カタシモワイナリー名物営業マンの ちょっとした 山本です。

昨日は、一般のお客様向けのワイナリー見学を開催しました。

暖かくなってきた事もあり、たくさんのご予約をいただき、キャンセル待ちも発生しました。
ありがとうございます。

前日の土曜日も出勤したので、前日のうちに確認していた事がありました。

それは、自社畑合名山(ごうめいやま)の桜の木の開花状況です♫

いつもはぶどう畑を見学して古い街並みを周り、工場見学をしたのちにテイスティングルームで試飲をするという流れなのですが、桜が開花していたら、プログラムを変更して桜の木の下でテイスティングをしようと考えていました。

満開まではいかなかったのですが、お花見をするには十分でした。

昨日は早めに出勤し、大阪平野を一望できる合名山の桜の木の下に会場をセッティングしました。
お客様には桜の話は一切せずに、ワイナリー見学を開始しました。

工場見学をしてから、畑をまわり、合名山を登って行きました。

案内は順調に思えたのですが、ちょうどテイスティングをする桜の木の会場に近づいた時、ポツリポツリと雨が降ってきました。

朝の天気予報では13時くらいから弱雨の予報だったため、それまでには終わる段取りをしていたのですが、思っていたよりも早い降り出しに少し焦りました。

お客様に桜の木の会場が見えない位置で一旦休憩をとりました。そして、スマホでアメダスを確認。

桜の木の下にセッティングした会場を見せずにテイスティングルームに戻って試飲をするか、雨がすぐやむ事を祈って強行突破するかの選択に迫られました。

選んだのは強行突破!

選んだ理由は、自分の晴れ男パワーを信じて(笑)

桜の木が見え始めると、みなさん喜ばれていました。さらに、テーブルと椅子が並んでいる光景にまたまた驚かれているご様子でした。

雨はポツポツきていたのですが、一年でこの瞬間しか味わえない桜の木の下でのテイスティングを考えていた事をお話しました。

ポツポツ雨が降っている中での試飲。

空を見上げながら、やむことを祈りながら、ワインを注いで話しました。

すると、なんと、雨はやみました♫

晴れ男バンザイです。

そして、その後とても晴れました。

ほどよい雨のおかげで暑すぎない試飲会となりました。

お客様にとって思いがけないお花見テイスティングという、ちょっとしたサプライズ。大成功でした!

ワイナリー見学でのプチサプライズ。

楽しいです。

さぁ、今日も一日張り切っていきましょう! 

営業部の山本でした。

vol.939おおさかワインフェス開催まで残り1ヶ月

おはようございます♫

営業部の キリキリ 山本です。

「おおさかワインフェス2016in柏原」開催まで1ヶ月をきりました。

今年の参加ワイナリーは、大阪5社に加え、関西のワイナリー(兵庫、京都、滋賀)4社の計9社です。

飲食店も31店舗出店し、関西のワイナリーイベントとしては過去最大です。

各ワイナリーのこだわりワイン60種類以上と、飲食店のこだわりメニューが決定しました。

ステージイベントもほぼ決まりました。

ありがたい事に、このイベントの準備の責任者をさせて頂いております♫
各ワイナリーおよび飲食店の窓口、また、会場のレイアウト、当日の人員配置や機材の段取りなどを担当しており、毎日色々な勉強をさせていただいています。

やりたくてもできない様な経験をさせていただいており、本当にありがたいです♫
日が近づくにつれて胃がキリキリしてはいますが(笑)

前売り券も大好評です。
皆さんが楽しみにしてくださっているのだと思うと、よりキリキリします(笑)

ワクワクもしながら、当日に向けて準備を進めています。

前売り券をご希望の方は、早めのご購入をおすすめいたします。

当日販売するワインやフード、また、ステージイベントなどは、順次このブログで告知させて頂く予定です。
どうぞお楽しみに! 

さぁ、今日も一日張り切っていきましょう! 

営業部の山本でした。

vol.938 カタシモワイナリーの文字

おはようございます♫

営業部の 偶然 山本です。

昨日の出来事です。

夕方、お得意先を訪問する為に車を走らせていました。

2車線の道で左車線を走っていて、信号が赤になり停車しました。

ふと視線を感じたので右を見ると、右車線に停車していた車の中で、親子がニコニコとこちらを指差して話していました。

僕と目が合うと、さらにニコニコしながら二人で話をしているので、僕は車のウィンドウを開けました。

すると、向こうもウィンドウを開けました。

「うち(カタシモワイナリー)をご存知なんですか?」と聞くと、

「いつも柏原に買いに行ってるんですよ♫美味しいですよね〜!あれあれ、えーっと、たこ....たこシャンとか!」と。

カタシモのワインをご愛顧頂いていて、信号待ちでふと横を見たら、車体の「カタシモワイナリー」の文字が見えて、ニコニコしてくださったそうです。

「嬉しいです!ありがとうございます!今後ともよろしくお願いします♫」と、お礼を言って再び車を走らせました。

本当に嬉しくて、僕もその後、車内で一人、ニコニコしていました。

自分の知らないところでたくさんの方に召し上がっていただいていることに改めて感謝しました。

さぁ、今日も一日張り切っていきましょう! 

営業部の山本でした。

vol.937 ワインという嗜好品

おはようございます♫

営業部の 命をかけ 山本です。

ワインは嗜好品です。

嗜好品とは、その物を使ったり味わったりする人がそれぞれ楽しむものです。

感じ方は人それぞれ。

必然と、感じ方で好き嫌いは出てきます。

当たり前の事です。

好き嫌い。美味しい苦手。面白い変わってる。

嗜好品は様々な捉え方ができます。

ワインは「楽しい嗜好品」です。

しかし、まれに、ワインを「良い」「悪い」と表現する人もいます。

僕個人の意見ですが、「良いワインも悪いワインもこの世には無い」と思います。


醸造家がこの味でいく!と決めて作ったワイン。

その年のぶどうで試行錯誤して作り出したワイン。

ぶどうのできには、土の状態から肥料の選定、剪定方法や害虫、鳥獣対策、天候や収穫のタイミングなど、様々なことが関係してきます。

醸造に関しても、酵母菌の選定、温度管理や熟成方法および期間など、様々な工夫をこらしています。

どの国のどの醸造家も命をかけて作っています。

楽しむ人の口に「合う」「合わない」はありますが、そのワインを「良い」「悪い」で判断する基準はどこにもないと思います。

良い悪いを言い合うのでなく、ワインと共に楽しい時間を過ごしたいものです♫

さぁ、今日も一日張り切っていきましょう! 

営業部の山本でした。

vol.936 大阪アジアン映画祭

おはようございます♫

営業部の アジアン 山本です。

先日、アジアン映画祭のウエルカムパーティーにお招きいただきました。
アジアの映画監督や出演者が集うパーティーで、カタシモのワインをお飲みいただきました。

今回、樽詰め生ワイン(白)を用意しました。アジアの方に大好評で、開始から列が途切れることなく、1時間も経たない内に10ℓが無くなりました。

とても有名な方々が来られていました。

アジアの方にも大阪のワインが好まれる事がわかり、実りある時間でした。

年々、色々な場にお招きいただく機会が増えています。

大阪のワインが拡がるよう努力したいと思います。

さぁ、今日も一日張り切っていきましょう! 

営業部の山本でした。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ