営業部の スルー 山本です。


うちの会社の正式名称は「カタシモワインフード株式会社」です。


しかし、大概みなさんうちのことを「カタシモワイン」や「カタシモワイナリー」と呼びます。


「カタシモ」は地名の堅下からきています。


この、「カタシモ」。実はしょっちゅう間違って呼ばれます。


多いのは「カモシタワインさん」「タカシモワインさん」。


僕も最初のうちは、「か「た「し「も」です、と訂正していました。


でも、本当にしょっちゅうあり、訂正すると相手も気を使うので、最近はスルーする事が多いです(笑)


真っ向から訂正するのをやめ、さりげなく、会話に差し込む様にしています。


「タカシモさんのワイン知ってるよ~」

「ありがとうございます。実は100年の歴史があり西日本で最も古いんですよ~、このカタシモワイナリーは!」


みたいな感じで(笑)


でもいいんです。間違ってても。


会社の名前を覚えている事より、大阪のぶどうの事を知ってもらう事が大切なんです。


なんとなくなんですよ。


人の記憶は。


なんとなく大阪でぶどうを作ってるんだな~。


なんとなく大阪でワインを作ってるんだな~。


なんとなく農業って大変なんだな~。


なんとなく地元を応援したいな~。



入口はガチではない。


でも、まずは知ってもらい、なんとなく気にしてもらう事。


それが、始まりです。


カタシモワイナリーの名前は、どうでもいい。


とにかく、その中身が大切なんだと思います。


「カモシタ」でも「タカシモ」でも、表面よりも中身です。


名前を、間違えられる度、柔らかく訂正しながら、中身を伝えていきたいと思う今日この頃です。


さぁ、今日も一日張り切っていきましょう!



営業部山本でした。