おはようございます♫

営業部の  山本です。

昨日、大阪は一日中雨でした。

そんな雨の中、朝早くから豊中市のきりもと酒店さんが畑作業をしに来てくださいました。

きりもとさんのお店は木曜日がお休みで、月に一度はお休みにもかかわらず作業に来てくださいます。

また、一昨日には堺にお店のある加賀屋さんの藤井さんが駆けつけてくださいました。

藤井さんもこれまたお休みの日の早朝に足を運んで頂きました。

本当に感謝です♫



大阪はかつて日本一のぶどうの産地でした。

戦後の宅地化や農家さんの高齢化で、ぶどう畑は現在も減少し続けています。

ぶどうの「放棄地畑」を、吉を呼ぶ宝の畑「宝吉畑」にしよう!と、みんなでぶどう栽培をしてワインを作る「宝吉畑プロジェクト」をスタートして4年目。

きりもとさんも藤井さんも、1年目からのプロジェクトメンバーです。

ご自身の本業の合間を縫って継続して作業に来てくださっています。

続ける事は本当に大変な事です。

それが本業以外のことであれば、なおさらです。

プロジェクトに参加して頂いているメンバーでも、4年目にもなると、足が遠のいてしまう方々もどうしてもいらっしゃいます。

もちろん本業が第一ですし、責める気持ちは全くありません。

それが、当たり前だと思っています。

そんな中、4年目以降も気にかけて、来てくださるみなさんを本当に心強く思い本当にありがたく思います。

本業がお忙しくて来れない方の中にも、いつも気にかけてくださっている方は大勢います。

気にかけてくださっているだけで僕は本当にありがたいですし、心強く思っています。

心強い仲間達と大阪のぶどう畑を守り、大阪のぶどうとワインを発信していきたいです!

3月4日、宝吉畑プロジェクト参加メンバーの「かしわらイイネット」さん主催のイベントで、宝吉畑プロジェクトのお話をさせていただく場をいただきます。

皆様お誘いあわせの上、是非お越しくださいませ♫


さぁ、今日も、一日張り切っていきましょう! 

営業部山本でした。