おはようございます♫

カタシモワイナリー営業部の  山本です。

大阪中の様々な場所でぶどうを育ててもらい、そのぶどうでワインを造れたら素敵だなぁ。
そんな思いから始まった「大阪 ぶどうの樹1000本プロジェクト」。

大阪のお酒屋さん、飲食店、スーパー、美容院、保育園、商店街の軒先で、主に鉢植えで育てられています。

育ててくださる皆さんは、もちろん素人ですし、限られた環境では多くの収穫は望めません。

それ故に、一房に大変愛情がこもっています。

そして、先日より、大阪市内、門真、大東、四條畷の各地で育てられた「軒先ぶどう」が続々とワイナリーに運びこまれています♫

9月上旬に届いたぶどうは、既に葡萄ジュースになりました。ジュースに含まれている軒先ぶどうはほんの少しずつですが、それぞれの愛情が形になりました。

ワインに使用する軒先ぶどうも続々と届いています。
昨日は四條畷から、一昨日は門真から運んでくださいました。

ジュースと違いワインになるには時間がかかります。来年、数%の軒先ぶどう使用ワインが完成します。

思いが形になるのは素敵です。皆の取り組みでできたワインは素敵です。

何年か後には、軒先ぶどう100%のワインを造れたらいいなと思います。


余談ですが、一昨日、木村社長が再びご来社くださいました。台風の影響で大雨でした。
木村社長がワイナリーに来てくださる時は本当に大雨が多いです(^_^)
雨の中お越しくださり ありがとうございました。


ぁ、今日も一日張り切っていきましょう! 

営業部の山本でした。